RFIDパッケージ・NFCアプリの導入事例を紹介します。

製品情報

エイリアンリーダ事例(THROTTLEMAN社様)
サプライチェーン改善事例


生産から販売までをICタグで管理

Throttleman社は、個性的なヨーロッパのファッション小売業者です。
男性、子供、女性向けのThrottlemanブランドの衣料品はオリジナルで新鮮なデザインで知られていますが、流行はすぐに去ってしまいます。

チャレンジ

流行の先端を保つためにThrottleman社はその店独特の商品を迅速に取得することと、最も人気の ある商品を棚に取り揃えておく必要があります。
これらの目標を達成するためにThrottleman社は、物流センターに衣料品を供給するためのリードタイムを短縮する必要がありました。
同社は衣料品の新しいラインを追加したので、物流センターの在庫は増え、在庫スペースは不足するようにな っていました。
その上、Throttleman社ではERPシステムで在庫ありと表示されたものと物流センターにある実際の商品の在庫を比較して確認することができませんでした。
これらの課題に対応するため、Throttleman社はRFIDをそのグローバルなサプライチェーンに統合しました。

ソリューション

Throttleman社は、アジアからヨーロッパに及ぶサプライチェーンの速度と効率を改善するRFIDソ リューションを開発するため、イベリアのシステムインテグレータCreativesystems社と提携しま した。

UHF帯のRFIDは、アイテムレベルの追跡において、HF帯のRFID以上に勢いを増しています。
UHF帯のGen 2 RFIDは費用対効果に優れ、Gen 2のパッシブタグの価格はセントで測定されます。
さらに、業界標準のGen 2 RFIDは、ベンダが構築する広範なエコシステムで相互運用性の高いレベルを提供します。

Alien Technology社製のSquiggleは、860 MHz~960 MHzの周波数スペクトルのグローバルオペレーションのために設計されたEPC準拠のタグなので、 米州、欧州、アジア、アフリカで使用される固 有の動作周波数で正常に使用できます。
Squiggleは、衣服や航空会社の手荷物に最適です。

結果

Throttleman社は物流センターに衣服を供給するリードタイムを削減し、小売店への予定通りの出 荷数の目標を達成しました。
倉庫内のスペースの制約の問題を解決し、サプライチェーンにエンドツーエンドの可視性をもたらしました。

「150万着の衣服それぞれにUHF帯のRFIDタグをつける目的は、流通センターを介する衣服のスルー プットを向上させることでした」と、Throttleman社の参事Miguel Maya氏は言います。
「小売店に商品 を仕入れるのに必要な時間を減らすことで、Throttleman社は大きく収益を伸ばします。これの実現のために我々は今日の市場で最も最速で信頼性のあるUHF帯のGen2タグを必要としました。」

衣料品のサプライチェーンに最大で5日間かかっていました。現在では24時間以内で済んでいます。
より速く店舗の棚にお客様が求めるThrottleman社の新鮮なデザインの商品を仕入れることで、 既存店売上高を増やすことができます。
さらに、魅力的な衣服は、長い間定価で販売できるわけではありません。
需要が少なくなるとすぐに割引する必要があります。

「Throttleman社は、より速く正確に棚に補充することによって、さらに売上を伸ばすことができ
ます」
と、Creativesystems社常務のFrancisco Teixeira e Melo氏は言います。

衣料品は、インドのメーカーでタグ付け・エンコードされてから箱詰めされ、ポルトガルにある Throttleman社の物流センターに出荷されます。
荷物を入荷すると、RFIDリーダトンネルでスキャ ンされた各荷物の内容は、秒単位で読み取られます。 RFIDのトンネルは、荷物の一貫した流れを確実にし、外部の干渉からリーダーを保護し、不要な読み取りを減らします。

システムは99.9%の精度で毎時15000着の衣服を読み取ることができます。Teixeira e Melo氏は、 衣服の生地が非常に薄いか絹のような場合は特にタグのシャドウイングで問題が発生すると言います。
しかし、Throttleman社はRFIDシステムで有効な衣類の代金だけを支払うので、メーカーはタ グの正確さに関するどんな問題でも解決するために努力します。
衣料品のタグが読み込まれると、 システムは自動的に読み取った商品のリストを伝票と比較します。
荷物の内容のチェックに不一致 があるとアラートが表示されます。

「RFIDシステムは迅速であり、エラーを削減します」 とTeixeira e Melo氏は言います。
「通常は、同じ100個の商品を入荷する場合は、いずれかを読んで100としてカウントします。新しいシステム では、すべてのサイズのすべての商品をチェックするので1つの商品に誤りがあっても、すぐに見 つけることができます。」

衣服が検証されると、Throttleman社の60の小売店のいずれかに配送するために仕分けされます。
衣服には、宛先の店舗の名前が付いているので、迅速に出荷されます。 衣服は検証されると出荷 する準備ができているので、商品を倉庫に入れる必要はありません。

「Throttleman社は標準の方法で処理するのと比べて、クロスドッキングにより倉庫のスペースの平 均60パーセントを節約します。」とTeixeira e Melo氏は言います。在庫が直接店舗に配送されるので、倉庫に入れる必要がありません。

RetailIDプラットフォームはRFIDリーダからの情報をフィルタリングするのにSybase社のRFID
Anywhereというソフトウェアを使用しています。システムはThrottleman社のERPシステムとも統合 されたので、その製品を管理・制御・追跡するためにRetailIDプラットホームを使うこともできます。

次のステップ

RFIDは、サプライチェーンにおいてThrottleman社の問題を解決している今、同社は小売店での RFIDアプリケーションの展開を目指しています。
RetailIDプラットフォームを使用して、リアルタイムの棚卸しを行う予定です。
RetailIDもMagicmirrorなどのマーチャンダイジングの新しい流通 チャネルが可能になります。
Magicmirrorは、お客様が衣服を試着している間、自動化したカスタ マーサービスを受けることができる、RFID対応の鏡とデジタルディスプレイです。

レースタイマー社はまた、2008年に小規模に展開した異なった分野で計測システム使用するための準備を計画しています。
「全てがうまくいけば、今後数年以内にシステムがヨーロッパの大部分に広まることを期待しています。」
と、Lagergren氏は加えています。


Copyright(c)2002 HAYATO Information Co., Ltd. All Rights Reserved. since 2002.2.1