RFIDパッケージ・NFCアプリの導入事例を紹介します。

製品情報

エイリアンリーダ事例(ファーストトラックコンビニエンス様)
食品自動販売事例


RFIDで管理されたショーケース

オートマット(※1)は1902年に料理革命を起こしましたが、それから1世紀もの間、フード自動販売機は鮮度も悪く不健康なことから、うんざりする事を表すようになっていました。

しかし、フードサービス業界は食品市場を掴んでいく活力としてRFIDに取り掛かりました。

「自動販売機ビジネスは製品サイズ、支払い方法や特性にかなり制限されてしまいます。」

と、スターリング(信頼できる)サービス部門、フードサービス管理会社、自動販売機ビジネス20年のベテランという肩書きを持つFast Track Convenience社の社長であるRay Friedrich氏が述べています。

「RFIDはまさしく囲いの中から我々を解放します。我々はデリ生鮮食品や様々な色、形、サイズの製品を提供できます。」

チャレンジ

Fast Track Convenience社はフードサービス市場向けのセルフサービスRFID売店を作るためにFREEDOM SHOPPING社と提携しました。
彼らはまず気づきました。

「いままでの知識では、RFIDでアイテムレベルを読み込むことは10年もかかってしまいます。」
と、FREEDOM SHOPPING社の共同設立者、Rob Simmons氏は述べています。

「我々は投資収益率は高いと踏んで2年でこれを行いました。」

「このような無人のアプリケーションを実行する唯一の現実的な方法は、RFIDを使用することです。」
と、Simmons氏は述べています。

「我々はRFIDは未経験でした。 金属や液体の商品にタグを着けることができないと聞いていましたし、アイテムレベルに有効にタグ付けを行うことができませんでした。 しかし、そうではありませんでした。」

今日、FREEDOM SHOPPING社のシステムは、デトロイトエリアにあるFast Track Convenience社の5つの取引先を含めて、全米で20以上のミニマート(※2)向けに生産されています。
ある店舗では、RFIDの売店を導入してからアイテムごとの利益は倍以上に、売上高は3倍増加しました。

ソリューション

フードサービスで初めて成功したアイテムレベルの読み込みアプリケーションの作成は、困難がなかったわけではありません。

「消費者に経験してもらう事で完璧になりました。 バーコードベースのセルフサービス精算のように消費者の前に人はいません。 しかし、無人なので、うまくいく事を確かめなければなりません。」
と、Simmons氏は述べています。

「売店の前に立つと、利用できる全ての項目が立ち上がるので処理を確認してOKを押します。そして指紋認証を行うと、ドアから出ることができます。」
と、Simmons氏は述べています。

案内が必要であれば、お客様の処理過程で音声で誘導します。
お客様は指紋によってアカウントを保存し、現金またはクレジットカードで支払いを行えます。
指紋認証処理には3秒かかり、現金またはクレジットカードの処理はおよそ10秒かかります。

FREEDOM SHOPPING社のソリューションは、RFIDとタグ全般、任意のゲートスタイルのリーダーを使っているセルフ精算の売店を含みます。
売店では精算を待つ間、フリーアイテムを提供できるようディスプレイ上にマーケティングツールも含まれています。
バックエンドでは、会計処理、マーチャンダイジング(※3)、発注、在庫管理の処理も行っています。

FREEDOM SHOPPING社はシステムをAlien Technology社のGen2SquiggleタグとAlien社のALR-9780リーダーで完成させました。
なぜなら、
「Alien社は実用的なRFIDソリューションの唯一の会社でした。 Alien社はお客様の前に出す準備ができている機器を持っていた。 そして、Alien Academyで私達は本当に何ができるのかの実態を学びました。」
と、Simmons氏は述べています。

現実的に無人環境でアイテムレベルの読み込み行うことは、FREEDOM SHOPPING社はタグを適用することは誰にでも扱えることを明確にしなければなりませんでした。
FREEDOM SHOPPING社はユニバーサルタグの特許を開発しました。
アイテムの表面のより高い位置になるよう、チップとアンテナを発泡体の上部1/8インチの位置を使うようにしたタグで、金属が使われた製品パッケージや中身が液体の商品が無線信号を妨害するようなことはありません。

「ユニバーサルタグを使うことで、お客様がタグ付き商品を購入し物流が単一化されると、スケールメリット(※4)を生み出します。とてもシンプルで簡単な事です。 もし、在庫品を数える規律があるのなら、タグを付ける一歩です。」
と、Simmons氏は述べています。

タグの付いたアイテムレベルの利益はコストを上回ります。
Fast Track Convenience社は4000点にも及ぶ商品や在庫それぞれに異なるタグを使います。
主要な在庫品からは回収するアイテムとされています。

「省力化による売上高で、投資利益率が発生します。 通常の自動販売機ビジネスより3~4倍、利益がでます。 併せて、我々は消費者が望む製品を提供しています。」
と、Friedrich氏は述べています。

Simmons氏はタグの故障率ゼロに大きな貢献をしているAlien Squiggle ICの質の高さを記しています。

「無人運営なので、不良品のタグを使うことはできません。 Gen2Squiggleを用いると、RFIDタグを選別する必要がありません。」
と、彼は述べています。

結果

お客様からは圧倒的に指示されています。
利便性の良いFast Track社のシステムは高校や病院、大きな自動車メーカー、自動車部品サプライヤーメーカー、デトロイトエリアにあるスポーツクラブの売店に設置されています。

「信じられないほどの需要です。」
と、Freidrich氏は述べています。

「科学技術が好きでなくても、お客様は便利なものに目がありません。」
Freidrich氏は述べています。

病院での売り上げは倍以上であり、Fast Track社のコンビニエンスストアでは、食品の量が倍売れています。
デトロイトエリアの高校では、RFIDの売店を導入以来、売上高が300%に急騰しました。
項目ごとの売り上げは自動販売機ビジネスの一般的平均2%の倍以上で5%です。

売店は管理された環境にあるため、大部分で盗難は重大な問題とされていません。
盗難防止として、RFIDを使った出入り口のセキュリティを店舗の出口監視に追加することができます。
もし、精算されていないタグの付いた商品が出入り口を通過したのを感知したら、アラームが鳴り、盗難警告が大音量で発動されます。
盗難映像も記録されています。

「盗難は他の小売業と比べて大差ありません。支払いせずに何かを取った場合は、その行為の連続した画像が記録されています。」
と、Friedrich氏は記しています。

次のステップ

「5店舗での年間売上高は50万ドルですが、まだ始まったばかりです。 最初のビジネスに着手した時の予想を約10倍上回っています。」
と、Friedrich氏は述べています。

Fast Track Convenience社は2008年には20店舗、さらに2009年には30店舗オープンさせる予定です。


----------
※1:オートマット
自動販売装置によるセルフサービスの大衆向けレストラン

※2:ミニマート
(米)コンビニエンスストア

※3:マーチャンダイジング(MD)
消費者の欲求・要求に適う商品を適切な数量、適切な価格、適切なタイミング等で提供するための企業活動のこと
商品政策、商品化計画

※4:スケールメリット
規模を大きくすることで得られる効果、利益のこと
規模効果


Copyright(c)2002 HAYATO Information Co., Ltd. All Rights Reserved. since 2002.2.1