棚卸しパッケージで鍵の貸出・返却操作

棚卸しパッケージ 概要編

RFIDで鍵の管理

棚卸しパッケージ 棚卸し編

棚卸しパッケージ 探索編

エクセルベースの貸出管理&棚卸しソフトウエアです。

基本機能

棚卸しパッケージは、バーコード、ICタグを利用した貸出と棚卸しを管理するソフトウエアです。 エクセルベースなのでカスタマイズしてもらう事も可能です。

貸出管理機能

貸出商品のバーコードを読み込む事で貸出処理のウインドウが立ち上がり貸出処理が行えます。

棚卸し機能

棚卸しに必要なデータを自動抽出しハンディにダウンロードして現場ではハンディ単体で在庫チェックを行っていきます。
※詳しくは棚卸し操作で

棚卸し操作はハンディ単体で行えます。

棚卸しイメージ

棚卸しパッケージの棚卸し操作について紹介します。
棚卸しパッケージでは、下記の手順でハンディに自動抽出したデータをダウンロードして棚卸し作業を行います。

棚卸しモードへ
イメージ手順1

棚卸しのモードに入ります。

マスターダウンロード
イメージ手順2

パソコンからハンディリーダに棚卸しデータをダウンロードします。

保管場所選択
イメージ手順3

ロケーションのバーコードを読み取る事でロケーション内の在庫を表示します。

管理物の読込
イメージ手順4

商品のバーコード(又はICタグ)を読み込んでいくと正しいデータは緑、誤ったデータ赤に変化し、現場ですぐに確認できます。

棚卸し結果の保存
イメージ手順5

棚卸し結果は、作業終了時などに、パソコンに送信してデータを更新します。

棚卸し結果の確認
イメージ手順6

データ送信後はパソコンの画面上でも棚卸し結果を確認することができます。