PowerIDパッケージは遠くのICタグを一括で読取れます。

※こちらの製品は、現在取扱いを終了させていただいております。

ハイパワーな読取と自由なカスタマイズ!

PowerID

ICタグの動作電源の供給方法は大きく分類するとアクティブ型、パッシブ型の2種類があります。
アクティブ型は、電池を内蔵し常に自分の情報を外に飛ばしています。
パッシブ型は、電池を持たずリーダからの電波エネルギーを利用して情報処理と返信を行います。
PowerIDはアクティブ型とパッシブ型のその両方の利点を兼ね備えたICタグになります。

PowerIDはパッシブ型とアクティブ型の両方の利点を兼ね備えています。
 

MANICA EXCEL TOOL

ICタグやバーコードリーダをエクセル上で使用可能にするツール。
ICタグ読取情報がエクセルで作ったシステム上で入力、検索など様々な形で利用できます。

ICタグリーダをエクセルツールのインターフェイスとして使えます。

据置とハンディ2種類のパッケージ

Impinj

高出力リーダにより広い範囲を一括で読取ることが可能です。
PowerIDとの組み合わせで今まで考えられなかった半径約30mの広い一括読取エリアを可能にしています。

据置型リーダImpinj

AT-870

ハンディタイプで最高クラスの600mW高出力でより遠くのPowerIDまで確実に電波を飛ばします。
持ち歩きが可能なので隠れた場所や、異なった場所で一台のリーダを持ち歩き利用する事も可能です。

ハンディリーダAT-870